スポンサードリンク

2010年03月12日

さて、契約社員の場合、病気などのやむを得ない事情があれば契約の解除ができます。勝手な理由で無理にやめることは損売賠償を請求されることもあります。

契約社員というのは、正社員とは別に期間や給与などを個別の契約をして働く常勤の社員というのが一般的な定義です。
契約社員と正社員の違いにはいくつかありますが、昇進などとは無縁な分、人間関係などに縛られることがないとうことがあげられます。
契約社員のメリットには、派遣会社を通さないで企業との直接契約のためその分賃金が高くなる場合があります。
ただし、契約社員として働く場合には採用の際にしっかりと契約書を確認しておかないと自分の希望とは違ったなどのトラブルにもなり得ます。
契約社員のデメリットとしては、万が一会社とのトラブルがあった場合には間に入ってくれる人がいないため全て自分で解決しなければなりません。
契約社員でも社会保険に加入することは可能です。ただし、契約書で2ヶ月以上の雇用期間があることが前提です。
契約社員にはボーナスが出ないといういうイメージも強いですが、実際のところ契約社員を雇用している企業の6割程度はボーナスを支給しているそうです。
さて、契約社員が契約期間を満了せずに退職するということもありますが、その場合でもきちんと引継ぎをすることは会社に迷惑をかけない意味でも当然です。
契約社員が失業保険をもらうためには、1週間の就労時間が20時間以上あること、1年以上引き続き雇用される見込みがあることなどの条件を満たす必要があります。
契約社員の募集は自分で見つけることもできます。希望の企業の人事担当に直接電話をしてみると詳細を教えてくれるでしょう。
契約社員といっても、面接の際にはきちんとしたスーツを着ていくべきでしょう。ただし、リクルートスーツである必要はありません。
契約社員は人間的なしがらみがなく、気楽な印象をもたれていますが、会社としては立派な戦力のひとりとして採用しているわけですからその辺の自覚を持つことは大切です。
ラベル:契約社員
posted by 契約社員の契約書 at 22:00| 契約書と雇用条件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
契約社員は契約書を確認すべし!契約社員と契約書の関係 TOPへ

当サイトは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、個人を特定する情報を除いた当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報のみを使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。

総合リンク集 Link Station
経営
インターネットサイト集 CRANE
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi
お役立ちサイト集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。