スポンサードリンク

2009年08月21日

さて、契約社員が契約期間の途中で退職をする場合には、就業規則の退職に関する規定にしたがうようになります。

契約社員は、自分のライフスタイルを重視できることでも人気ですが、実際のところはメリットもデメリットも存在します。
契約社員と正社員の違いにはいくつかありますが、昇進などとは無縁な分、人間関係などに縛られることがないとうことがあげられます。
契約社員のメリットとして、自分の専門とする業務に特化しての仕事ができるのでスキルをアップしていくことができます。
ただし、契約社員として働く場合には口約束だけでは後からトラブルになることも考えられますので契約書で仕事内容や勤務形態などを確認しなければなりません。

契約社員というと、社会保険には入ることが出来ないという誤解があるようですが、2ヶ月以上の雇用期間などの条件を満たせば加入することができます。
契約社員の場合は、毎月の給与が多い分ボーナスはないという場合もありますし、給与は正社員と変らない分ボーナスを支給する会社もあります。
さて、契約社員が中途退職を希望する場合には、契約書に基づいて「○日以上前に申し出ること」といった規定にしたがいます。
契約社員が失業保険をもらうためには、雇用保険に加入している期間が1年間で6ヶ月以上あることが条件とされます。
契約社員の募集は自分で見つけることもできます。希望の企業の人事担当に直接電話をしてみると詳細を教えてくれるでしょう。
契約社員の面接を受ける際のスーツはダークスーツが無難です。ストライプなどのシャツを合わせればリクルートスーツに見えることもないでしょう。
契約社員だから責任がないわけではありません。採用されたなら会社の立派な戦力として働く自覚が必要です。
ラベル:契約社員
posted by 契約社員の契約書 at 21:00| 契約期間を契約書で確認 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
契約社員は契約書を確認すべし!契約社員と契約書の関係 TOPへ

当サイトは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、個人を特定する情報を除いた当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報のみを使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。

総合リンク集 Link Station
経営
インターネットサイト集 CRANE
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi
お役立ちサイト集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。