スポンサードリンク

2009年08月31日

契約社員を退職した場合の失業保険も1週間の就労時間が20時間以上ある等の条件を満たせば支給を受けることができます。


契約社員を雇用している企業が増えています。全企業に対しての割合では10%超ですが、特に都市部ではもっと多いでしょう。
契約社員と正社員の違いで大きいところは、昇進のあるなしでしょう。契約社員は昇進することが無い代わりに転勤もありません。

ただし、契約社員として働く際には契約書で勤務場所や時間帯、給与体系などを確認しておかないと後からトラブルになる可能性もあります。
契約社員のデメリットとしては、雇用の保証が難しく会社の業績が悪化した場合のリストラ対象になりやすい点があります。
契約社員というと、社会保険には入ることが出来ないという誤解があるようですが、2ヶ月以上の雇用期間などの条件を満たせば加入することができます。
契約社員だからボーナスがないと決まっているわけでもありません。契約社員にもボーナスを支給している企業は割りと多いようです。
さて、契約社員が契約期間内で退職をする場合、病気などのやむを得ない場合は契約を解除することができますが、「他の仕事をしたい」などの理由の場合は会社との話し合いで決定します。
契約社員が失業保険を受給するためには、1週間の労働時間が30時間以上の場合で就労期間が6ヶ月はあることが条件になります。
契約社員の募集を探すのなら、ネットで業種や勤務地などを登録すれば紹介してくれるサービスもあるので試してみるとよいでしょう。
契約社員の面接時の服装について質問をしている人をよく見かけますが、きちんとスーツを着ていくのが基本です。
契約社員の場合、企業側は即戦力を求めていることが多いのでその業種のスキルや資格を持っていると採用される可能性も高くなるでしょう。
posted by 契約社員の契約書 at 20:30| 契約期間を契約書で確認 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
契約社員は契約書を確認すべし!契約社員と契約書の関係 TOPへ

当サイトは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、個人を特定する情報を除いた当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報のみを使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。

総合リンク集 Link Station
経営
インターネットサイト集 CRANE
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi
お役立ちサイト集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。