スポンサードリンク

2009年01月10日

契約社員といっても、面説は自分を売り込む場ですからきちんとしたスーツを着ていくのが基本です。ただし、学生でもないのにリクルートスーツは避けましょう。


契約社員で働く人は全労働者の2.3%程度と言われていますが、特に都市部や若い人に多い雇用スタイルです。
契約社員と正社員の違いは何かという部分で大きなところは、正社員が期間を決めない長期の雇用契約であるのに対して、契約社員は短めの期間を設定しての雇用というところです。
契約社員のメリットとして、自分の専門とする業務に特化しての仕事ができるのでスキルをアップしていくことができます。
ただし、契約社員の場合は人によって勤務体型も違いますのできちんと契約書を確認しておくことがトラブル防止につながります。
契約社員のデメリットとしては、万が一会社とのトラブルがあった場合には間に入ってくれる人がいないため全て自分で解決しなければなりません。
契約社員が社会保険に加入したい場合には、会社の負担分も自分で払うように言われることもあるので注意が必要です。
契約社員にボーナスを支給しているかどうかはその企業によります。ただし、支給している場合でも正社員ほどの額ではないことが一般的です。
さて、契約社員が契約期間を満了せずに退職するということもありますが、その場合でもきちんと引継ぎをすることは会社に迷惑をかけない意味でも当然です。
契約社員でも退職した際に失業保険をもらえる場合もありますが、雇用保険に加入していることが前提で、自己都合か会社都合かによっても変ってきます。
契約社員の募集広告は雑誌やネットでもたくさん掲載されていますが、希望の企業が決まっているのなら直接問い合わせをしてみるのも良いでしょう。
契約社員といっても、面説は自分を売り込む場ですからきちんとしたスーツを着ていくのが基本です。ただし、学生でもないのにリクルートスーツは避けましょう。
契約社員は気楽なイメージがありますが、会社としては即戦力としての採用をしているわけですから遠慮なく実力を発揮してください。
posted by 契約社員の契約書 at 11:28| 契約書と雇用条件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月09日

さて、契約社員の契約期間中でも退職は可能です。ただし、会社に迷惑がかからないような退職のしかたをするのは社会人として当然ですね。


契約社員で働く人が多くなりました。契約社員というのは正社員とちがって期間やプロジェクトごとに契約をして勤務するスタイルです。
契約社員と正社員の違いというと、やはり契約期間でしょう。正社員は基本的に定年までの契約になりますが、契約社員の場合は企業から延長の申し出が無い限り次の仕事を探さなければなりません。
契約社員のメリットとしては、自分の都合によって勤務する時間や勤務日を選ぶことができるという点があります。
ただし、契約社員として働き始めたはいいけれど思っていた勤務体型とは違ったなどということの無い様に、しっかりと契約書を確認してください。
契約社員のデメリットには昇給や昇進がない分、将来のイメージを描きにくいということがあるかもしれません。
契約社員は社会保険に入れないと思っている人もいるようですが、そんなことはありません。契約書で雇用契約を結んでいれば会社から「雇われている」とみなされます。
契約社員だからボーナスがないと決まっているわけでもありません。契約社員にもボーナスを支給している企業は割りと多いようです。
さて、契約社員が中途退職する場合、「やむを得ない場合」ならば解約も可能です。ただし、仕事がイヤなどの理由では会社側は契約の履行を求めることができます。
契約社員が退職をして失業保険をもらうためには雇用保険に加入していて、1年以上その企業に雇用されていたなどの条件を満たす必要があります。
契約社員の募集はネットでも探すことができます。中には自分の希望の業種を登録しておいて、見つかったら連絡が来るサービスもあります。
契約社員の面接時の服装について質問をしている人をよく見かけますが、きちんとスーツを着ていくのが基本です。
契約社員を募集している企業を探す場合に、契約社員採用という表示の企業もあるので覚えておいてください。
posted by 契約社員の契約書 at 18:32| 契約書と雇用条件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月08日

契約社員の募集広告は雑誌やネットでもたくさん掲載されていますが、希望の企業が決まっているのなら直接問い合わせをしてみるのも良いでしょう。


契約社員といっても、明確な定義はありません。ただ、一般的には雇用期間に定めがあり、期間ごとに契約をする形態になります。
契約社員と正社員の違いというと、契約社員の場合は言葉通り期間ごとの契約をするのに対して正社員は退職年齢までの雇用契約だということです。
契約社員のメリットとして、契約内容に勤務時間まで細かく織り込むことによって自分の好きな時間帯で働くことができます。
ただし、契約社員として働く場合は後から話が違うなどということの無いように、契約書をしっかりと確認し、口約束だけで契約をしてしまわないようにしましょう。
契約社員のデメリットには、今の仕事が終わった際に次の仕事を探さなければならないという不安は常にあります。
契約社員は社会保険に加入できないというイメージがありますが、週に30時間以上の勤務時間があれば一般被保険者になることができます。
契約社員にボーナスを支給しているかどうかはその企業によります。ただし、支給している場合でも正社員ほどの額ではないことが一般的です。
さて、契約社員が契約期間を満了せずに退職するということもありますが、その場合でもきちんと引継ぎをすることは会社に迷惑をかけない意味でも当然です。
契約社員でも退職した際に失業保険をもらえる場合もありますが、雇用保険に加入していることが前提で、自己都合か会社都合かによっても変ってきます。
契約社員の募集を探すのはリクルート雑誌を見るのが一番簡単です。その場合も業種別に募集があるので参考にしてみましょう。
契約社員の面接を受ける際のスーツはダークスーツが無難です。ストライプなどのシャツを合わせればリクルートスーツに見えることもないでしょう。
契約社員を募集している企業を探す場合に、契約社員採用という表示の企業もあるので覚えておいてください。
posted by 契約社員の契約書 at 06:22| 契約書と雇用条件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月06日

契約社員にはボーナスが出ないといういうイメージも強いですが、実際のところ契約社員を雇用している企業の6割程度はボーナスを支給しているそうです。


契約社員といっても、明確な定義はありません。ただ、一般的には雇用期間に定めがあり、期間ごとに契約をする形態になります。
契約社員と正社員の違いで大きなところは、やはり雇用契約の期間でしょう。正社員が期間を定めない(定年まで)のに対して契約社員は1年など期間ごとの契約の場合がほとんどです。
契約社員のメリットには、派遣会社を通さないで企業との直接契約のためその分賃金が高くなる場合があります。
ただし、契約社員として働く際には契約書で勤務場所や時間帯、給与体系などを確認しておかないと後からトラブルになる可能性もあります。
契約社員のデメリットには、会社が不景気の場合には正社員よりもリストラされる対象になりやすい点があげられます。
契約社員でも社会保険に加入することは可能です。ただし、契約書で2ヶ月以上の雇用期間があることが前提です。
契約社員だからボーナスがないと決まっているわけでもありません。契約社員にもボーナスを支給している企業は割りと多いようです。
さて、契約社員の場合、病気などのやむを得ない事情があれば契約の解除ができます。勝手な理由で無理にやめることは損売賠償を請求されることもあります。
契約社員が退職した場合でも失業保険をもらえる場合があります。その際、雇用保険に加入していることが条件となります。
契約社員の募集を探すのはリクルート雑誌を見るのが一番簡単です。その場合も業種別に募集があるので参考にしてみましょう。
契約社員の面接を受ける際のスーツはダークスーツが無難です。ストライプなどのシャツを合わせればリクルートスーツに見えることもないでしょう。
契約社員の職を探すのなら、ネットで「企業名+採用情報」で検索をしてみると希望の会社が募集をしているかがわかります。
posted by 契約社員の契約書 at 17:57| 契約書と雇用条件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月05日

ただし、契約社員として働く場合は後から話が違うなどということの無いように、契約書をしっかりと確認し、口約束だけで契約をしてしまわないようにしましょう。


契約社員というのは、正社員とは別に期間や給与などを個別の契約をして働く常勤の社員というのが一般的な定義です。
契約社員と正社員の違いで大きなところは、やはり雇用契約の期間でしょう。正社員が期間を定めない(定年まで)のに対して契約社員は1年など期間ごとの契約の場合がほとんどです。
契約社員のメリットとしては、自分の都合によって勤務する時間や勤務日を選ぶことができるという点があります。
ただし、契約社員として働く際には契約書で勤務場所や時間帯、給与体系などを確認しておかないと後からトラブルになる可能性もあります。
契約社員のデメリットには昇給や昇進がない分、将来のイメージを描きにくいということがあるかもしれません。
契約社員というと、社会保険には入ることが出来ないという誤解があるようですが、2ヶ月以上の雇用期間などの条件を満たせば加入することができます。
契約社員の場合は、毎月の給与が多い分ボーナスはないという場合もありますし、給与は正社員と変らない分ボーナスを支給する会社もあります。
さて、契約社員が契約期間中に退職をする場合、契約書の中にある就業規則に従って届出をする必要があります。
契約社員が失業保険をもらうためには、1週間の就労時間が20時間以上あること、1年以上引き続き雇用される見込みがあることなどの条件を満たす必要があります。
契約社員募集の広告をネットで探してみると、企業が直接募集をしている場合もありますし、登録制で紹介をしてくれるサービスもあります。
契約社員の面接を受ける際のスーツはダークスーツが無難です。ストライプなどのシャツを合わせればリクルートスーツに見えることもないでしょう。
契約社員の場合、企業側は即戦力を求めていることが多いのでその業種のスキルや資格を持っていると採用される可能性も高くなるでしょう。
posted by 契約社員の契約書 at 22:24| 契約書と雇用条件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
契約社員は契約書を確認すべし!契約社員と契約書の関係 TOPへ

当サイトは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、個人を特定する情報を除いた当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報のみを使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。

総合リンク集 Link Station
経営
インターネットサイト集 CRANE
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi
お役立ちサイト集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。