スポンサードリンク

2009年08月23日

ただし、契約社員の場合は人によって勤務体型も違いますのできちんと契約書を確認しておくことがトラブル防止につながります。

契約社員は、自分のライフスタイルを重視できることでも人気ですが、実際のところはメリットもデメリットも存在します。
契約社員と正社員で大きな違いでは、正社員は他の企業で働くことはできませんが、契約社員の場合は同時期にいくつかの企業で仕事をすることができます。
契約社員のメリットの中でも、昇進などとは関係ないために人間関係のしがらみなどに縛られることがないという点は大きいです。
ただし、契約社員として働く場合は契約書を取り交わして仕事の内容や契約期間、給与体系などをきちんと確認する必要があります。
契約社員のデメリットとしては、昇進というレールがない分将来のイメージを描きにくいという点もあります。
契約社員でも社会保険に加入できることを知らない人もいるようですが、定められた勤務時間を満たすことで一般被保険者とみなされます。
契約社員にボーナスを支給しているかどうかはその企業によります。ただし、支給している場合でも正社員ほどの額ではないことが一般的です。
さて、契約社員が契約期間内で退職をする場合、病気などのやむを得ない場合は契約を解除することができますが、「他の仕事をしたい」などの理由の場合は会社との話し合いで決定します。
契約社員が失業保険を受給するためには、1週間の労働時間が30時間以上の場合で就労期間が6ヶ月はあることが条件になります。
契約社員の募集を探すのなら、ネットで業種や勤務地などを登録すれば紹介してくれるサービスもあるので試してみるとよいでしょう。
契約社員の面接では、自分ができる仕事や関わりたい部署などをはっきりを伝えることが大切です。
契約社員は即戦力としての採用の場合が多いので、その業種の経験何年以上という条件の場合が多いですね。
ラベル:契約社員
posted by 契約社員の契約書 at 20:00| 契約期間を契約書で確認 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

契約社員のデメリットには、会社とトラブルになってしまった時には自分で解決をしなければならないということがあります。 

契約社員といっても、明確な定義はありません。ただ、一般的には雇用期間に定めがあり、期間ごとに契約をする形態になります。
契約社員と正社員には大きな違いがいくつかあります。特に勤務時間については、契約時に自分の働ける時間を定めることで時間的な制約が少なくなります。
契約社員のメリットとして、契約内容に勤務時間まで細かく織り込むことによって自分の好きな時間帯で働くことができます。
ただし、契約社員として働く際には口約束だけではなく、契約書を交わして雇用条件をしっかりと確認することがトラブルを避けるためにも大切です。
契約社員のデメリットには、今の仕事が終わった際に次の仕事を探さなければならないという不安は常にあります。
契約社員でも社会保険に加入できることを知らない人もいるようですが、定められた勤務時間を満たすことで一般被保険者とみなされます。
契約社員=ボーナスなし。ではありません。契約をする際にはその辺も含めて相談をすることで支給される企業もあります。
さて、契約社員が契約期間中に退職をする場合、契約書の中にある就業規則に従って届出をする必要があります。
契約社員が失業保険をもらうためには、雇用保険に加入している期間が1年間で6ヶ月以上あることが条件とされます。
契約社員募集の広告をネットで探してみると、企業が直接募集をしている場合もありますし、登録制で紹介をしてくれるサービスもあります。
契約社員といっても、面接の際にはきちんとしたスーツを着ていくべきでしょう。ただし、リクルートスーツである必要はありません。
契約社員は気楽なイメージがありますが、会社としては即戦力としての採用をしているわけですから遠慮なく実力を発揮してください。
ラベル:契約社員
posted by 契約社員の契約書 at 18:00| 契約書と雇用条件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月21日

さて、契約社員が契約期間の途中で退職をする場合には、就業規則の退職に関する規定にしたがうようになります。

契約社員は、自分のライフスタイルを重視できることでも人気ですが、実際のところはメリットもデメリットも存在します。
契約社員と正社員の違いにはいくつかありますが、昇進などとは無縁な分、人間関係などに縛られることがないとうことがあげられます。
契約社員のメリットとして、自分の専門とする業務に特化しての仕事ができるのでスキルをアップしていくことができます。
ただし、契約社員として働く場合には口約束だけでは後からトラブルになることも考えられますので契約書で仕事内容や勤務形態などを確認しなければなりません。

契約社員というと、社会保険には入ることが出来ないという誤解があるようですが、2ヶ月以上の雇用期間などの条件を満たせば加入することができます。
契約社員の場合は、毎月の給与が多い分ボーナスはないという場合もありますし、給与は正社員と変らない分ボーナスを支給する会社もあります。
さて、契約社員が中途退職を希望する場合には、契約書に基づいて「○日以上前に申し出ること」といった規定にしたがいます。
契約社員が失業保険をもらうためには、雇用保険に加入している期間が1年間で6ヶ月以上あることが条件とされます。
契約社員の募集は自分で見つけることもできます。希望の企業の人事担当に直接電話をしてみると詳細を教えてくれるでしょう。
契約社員の面接を受ける際のスーツはダークスーツが無難です。ストライプなどのシャツを合わせればリクルートスーツに見えることもないでしょう。
契約社員だから責任がないわけではありません。採用されたなら会社の立派な戦力として働く自覚が必要です。
ラベル:契約社員
posted by 契約社員の契約書 at 21:00| 契約期間を契約書で確認 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
契約社員は契約書を確認すべし!契約社員と契約書の関係 TOPへ

当サイトは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、個人を特定する情報を除いた当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報のみを使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。

総合リンク集 Link Station
経営
インターネットサイト集 CRANE
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi
お役立ちサイト集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。